アフターコロナの転職活動、面接方法は「オンラインと対面の柔軟な対応」が人気に

アフターコロナの転職活動、面接方法は「オンラインと対面の柔軟な対応」が人気に
       
世界11カ国で人材紹介事業を展開するジェイ エイ シー リクルートメントはこのほど、転職活動中の人材272名に対し「新型コロナウイルス及びオンライン面接による転職活動への影響調査」を実施し、結果を公表した。

同調査は2020年5月25日~6月4日、転職活動中の20代~60代・272人を対象にインターネット調査にて実施。新型コロナウイルスの感染拡大に伴いビジネスのオンライン化が急速に進んだ中、転職希望者は緊急事態宣言解除後も企業に対し柔軟な対応を求めていることがわかった。

転職希望者を対象に、コロナ収束後(アフターコロナ)における企業の面接手法に関する調査をしたところ、求職者から最も支持を集めた(「印象が良い」の回答が最も多かった)のは、「基本的にオンラインでの面接で、希望すれば対面でも面接してくれる」が76%、次いで「基本的に対面での面接(希望すればオンラインでも面接してくれる)」が72%となった。

面接を行う際、一次面接から最終面接まで全て対面もしくはオンラインの1つの方法ではなく、求職者の希望を踏まえた柔軟な選考プロセスを行う企業が高く支持されていることがわかり、今後企業が採用面接を行う際は候補者の希望を確認しつつ実施することが求められる。

特徴的なのは、「基本対面で面接、希望すればオンライン」より「基本オンラインで希望すれば対面面接」を実施する企業の方が、多くの人から支持されている点。加えて、調査対象の30代以下から50代以上まで、等しく「基本的に対面」よりも「基本的にオンライン」の方を高く支持しており、年齢に関わらずアフターコロナにおける面接のあり方として対面よりもオンライン面接を求めていることがわかる。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月6日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。