洋服の青山が保冷剤付きマスクを抽選販売へ 第1弾は7月9日受付

記事まとめ

  • 青山商事は保冷剤付きマスクを抽選販売にする。
  • 多数の問い合わせがあり、発売前から大きな反響があったため。
  • 第1弾は7月9日から受付を開始し、全3回実施する。

洋服の青山、“保冷剤”付き「抗ウイルス加工マスク」を抽選販売へ

洋服の青山、“保冷剤”付き「抗ウイルス加工マスク」を抽選販売へ
青山商事は、盛夏向けに作製した“保冷剤”付きマスク「抗ウイルス加工マスク・冷涼タイプ」について、ECサイトでの販売は当初予定していた通常販売から抽選販売に変更することを発表した。

購入希望に関する多数の問い合わせがあり、発売前から大きな反響となっていることから、ECサイトでの販売についてはサイトの混乱を避けるため、当初予定していた通常販売から抽選販売に変更することとなった。

抽選販売の第1弾は7月9日から受付を開始。また、抽選販売は全3回実施する予定で、合計1万7,000枚のマスク(白色)を用意しているという。店頭販売は予定通り7月11日から「洋服の青山」全店で実施する。

「抗ウイルス加工マスク・冷涼タイプ」は、現在ECサイトで販売している「抗ウイルス加工マスク」に保冷剤2点をセットにし、保冷剤を入れるポケットを新たに取り付けて盛夏向けに改良したもの。

マスクの内面に取り付けたポケットに2つの保冷剤を入れて着用することでマスク内を冷却。保冷剤挿入時のマスク内は、未挿入時と比較して-10℃程度(外気温30℃時)の冷却効果があり、ひんやりとした着用感を体感できるという。保冷剤の冷却効果は約30分間持続し、再冷凍(約1時間)することで繰り返し使用できるとのこと。

また、保冷剤はポケットから出し入れ可能で、通勤時など“屋外”の猛暑の中では冷涼仕様に、オフィスなど“屋内”では取り出して着用(通年仕様)するなど、環境や季節に応じて使い分けることができるという。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月7日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。