次世代移動通信システム「5G」とは 第20回 NTTとNECの提携で注目の「O-RAN」がもたらす基地局のオープン化

次世代移動通信システム「5G」とは 第20回 NTTとNECの提携で注目の「O-RAN」がもたらす基地局のオープン化
NTTとNECは2020年6月25日に資本業務提携を発表しました。両社は「O-RAN(Open Radio Access Network)」に準拠した基地局を共同で開発し、NECはO-RAN準拠の基地局で世界トップを目指すとしていますが、このO-RANは5Gのネットワークにも非常に大きく関連してくるものなのです。O-RANで携帯電話の世界はどのように変わると考えられるでしょうか。
基地局のオープン化を目指した規格

NTTはNTT東西やNTTドコモを傘下に持つ、NTTグループ全体を統括する企業なのですが、そのNTTがNECに出資した狙いの1つとして挙げられていたのが、O-RANに準拠した国際競争力のある基地局装置を共同開発することでした。

この基地局装置とは、要するに携帯電話の基地局として使用する装置のことを指すのですが、NECはO-RAN準拠の基地局で世界トップシェアを目指すとしています。しかしながらNECが現在、基地局をはじめとしたモバイル通信機器事業を展開しているのはほぼ国内向けに限られ、世界シェアも1%に満たない状況です。

それにもかかわらず、NECが世界トップシェアを目指すというのは相当意欲的な目標に思えるのですが、なぜ両社はO-RAN準拠の基地局開発にそこまで力を入れるのでしょうか。

そのためにはまず、O-RANが何であるかを知っておく必要があるでしょう。これはNTTドコモと米国のAT&T、中国のチャイナモバイル(中国移動)、ドイツのドイツテレコム(T-Mobile)、フランスのオレンジ(Orange)といった携帯電話会社を中心に設立された「O-RAN Alliance」によって提唱された規格なのですが、その内容を一言で表すと「基地局設備のオープン化」ということになるでしょう。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月9日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。