KDDIなど、脳神経科学とAIを活用したスマホ依存の共同研究

KDDIなど、脳神経科学とAIを活用したスマホ依存の共同研究
KDDI、KDDI総合研究所、国際電気通信基礎技術研究所(ATR)、XNef(エックスネフ)は7月10日、脳神経科学とAI(人工知能)を組み合わせ、スマートフォンの使い過ぎなどの「スマホ依存」に関する共同研究を開始した。今後、スマホ依存の実態調査・解明を進め、2024年度中にスマホ依存の改善・予防を行うスマートフォンアプリの実用化を目指す。

昨年12月にKDDIとKDDI総合研究所が実施した約9万人を対象にしたアンケート調査では、全体の約4人に1人(約25%)がスマートフォンの長時間利用などに問題を感じており、うち約83%スマートフォンの利用を改善したいと回答したほか、全体の約74%が睡眠時間の減少、視力の低下、生活習慣の乱れなどの悪影響があると回答している。

また、新型コロナウイルス感染症での外出自粛の影響により、スマートフォン・インターネットの利用が促進されたこととも相まり、ニューノーマルにおいてはスマートフォンが社会を支える基盤として重要な存在となっていくと考えられている。このような状況を踏まえ、KDDIとKDDI総合研究所はこれまでの啓発活動に加え、科学的な観点でのスマホ依存に関する研究を進めることが必要だという。

両社では、安全・安心なスマートフォンの利用環境を提供するため、AIを応用したデータドリブンで高度な脳活動計測・解析技術で実績のあるATRおよび、脳神経科学研究の医療への応用・実用化を行っているXNefと共同でスマホ依存の実態調査・解明と、脳神経科学とAIを活用したスマホ依存の改善・予防を目指すため「脳・行動情報に基づくスマホ依存の推定」「活動を活用したスマホ依存の軽減」の研究を開始。今後は病院などの医療機関との協力関係を構築し、研究活動を拡大していく。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月10日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。