延期となった東京2020大会、新たな競技スケジュールを公表

延期となった東京2020大会、新たな競技スケジュールを公表
東京2020組織委員会はこのほど、2021年に延期となった第32回オリンピック競技大会の新たな競技スケジュール(種目実施日程)を発表した。

同委員会は4月、国際オリンピック委員会(IOC)・国際パラリンピック委員会(IPC)とともに、競技スケジュールは原則として2020年の競技スケジュールと曜日を合わせて2021年にスライドする方針を確認していた。

オペレーション上の調整により、一部の競技についてセッションの開始・終了時間を変更したが、全体として、4月の合意内容に沿って、同一日程を維持したオリンピック競技スケジュールに決定したという。


東京2020オリンピック競技大会は、2021年7月23日~8月8日までの17日間、史上最多33競技339種目が、42の競技会場で行われる。

開会式2日前の7月21日午前9時には、福島あづま球場のソフトボールの試合で幕を開け、サッカーの予選がスタート。開会式当日には、アーチェリーとボートも開始する。

開会式翌日の7月24日午前8時30分には、最初のメダルイベントとなる射撃女子10mエアライフル個人が開始する。同日は、アーチェリー、自転車競技ロードレース、フェンシング、柔道、テコンドー、ウエイトリフティングでもメダルイベントが行われ、合計11種目でメダリストが決定する。

開会式翌日からは、東京2020オリンピックの特徴となるアーバンスポーツも開始。3x3バスケットボールが開幕し、全セッションで男子と女子の試合を観戦できる。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月29日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。