受注1万台超! 日産「キックス」購入者の特徴は?

受注1万台超! 日産「キックス」購入者の特徴は?
       
日産自動車が日本市場の新たな主力商品と位置づけるコンパクトSUV「キックス」。同社独自の電動パワートレイン「e-POWER」を搭載するモデルのみの設定で、エントリーグレードとしてのガソリンエンジン搭載車は用意しないという思い切ったラインアップだが、発売から1カ月で受注1万台超と出足は好調な様子だ。このクルマ、いったいどんな人たちが購入しているのだろうか。

グレードは事実上1種類


キックスは日産にとって、日本市場で10年ぶりに投入する「ブランニューモデル」(同社の星野朝子副社長)だ。キックス自体は2016年にブラジルで発売し、その後はメキシコ、中東、中国などで販売してきたクルマだが、日本投入にあたり大規模な新規開発を行った。日本で買える日産のコンパクトSUVという意味では、「ジューク」の後継モデルとしての役割を持ったクルマでもある。

キックスには「X」と「X ツートーンインテリアエディション」という2つのグレードがあるが、その名前から分かる通り後者は内装を2トーンにした仕様なので、選べるグレードは事実上、1種類しかない。価格は前者が275万9,900円、後者が286万9,900円だ。

このクルマのマーケティングを担当している日産 日本マーケティング本部の小木曽宏行さんによると、キックスの受注台数は発売から1カ月の時点で1万台を超えているとのこと。発売から3週間の時点における構成としては、ツートーンインテリアエディションを選択したユーザーの割合は約4割だったという。
マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月3日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。