ソニーの第1四半期はゲーム好調、純利益53%増 - “巣ごもり需要”の影響大きく

ソニーの第1四半期はゲーム好調、純利益53%増 - “巣ごもり需要”の影響大きく
       
ソニーは8月4日、2020年度第1四半期(2020年4月1日~6月30日)の連結業績を発表した。売上高は、前年同期比2%増(432億円)の1兆9,689億円。営業利益は同1%減(25億円)の2,284億円。税引前利益は同38%増(889億円)の3,199億円。純利益は同53%増(811億円)の2,333億円となった。

ゲーム&ネットワークサービス(G&NS)分野と金融分野の大幅増収が売上高の増加に貢献。一方で、AV機器を含むエレクトロニクス・プロダクツ&ソリューション(EP&S)分野の大幅な損益悪化や、イメージング&センシング・ソリューション(I&SS)の大幅減益が響き、営業利益はマイナスとなった。

巣ごもりでゲーム好調、ラスアスIIやゴースト・オブ・ツシマが人気


ゲーム&ネットワークサービス(G&NS)分野は、売上が前年同期比32%増(1,486億円)の6,061億円。営業利益は、前年同期から502億円の大幅増益となる1,240億円。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による“巣ごもり需要”の好影響があったほか、「The Last of Us Part II」のヒットや、自社制作タイトルとして発売後3日間で過去最速240万本を超える売上を記録した「Ghost of Tsushima」といったゲームソフトウェア、ネットワークサービスPS Plusの大幅な増収が寄与した。PS Plus会員数は2020年6月末時点で約4,500万人に到達。なお、プレイステーション5(PS5)の発売を控えていることもあり、PS4ハードウェアは減収となった。
マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月4日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。