イケアの冷凍ザリガニを食べてみた! 自宅でスウェーデンの夏の風物詩を体験

イケアの冷凍ザリガニを食べてみた! 自宅でスウェーデンの夏の風物詩を体験
       
スウェーデンの夏の風物詩、クレフトフィーヴァ(ザリガニパーティー)。スウェーデンでは、自宅やコテージで家族や友人、職場の人といっしょにザリガニを食べる習慣があるそうだ。これを体験してみようと、イケアで「KRÄFTOR クレフトル 冷凍ザリガニ ディル入り塩水漬け」(2,990円/IKEA Family価格2,222円/税込)を買って自宅で食べてみた。

まずは冷蔵庫(30~48時間)か室温(10~12時間)で解凍する。原材料はザリガニ、ディル(香草の一種)、食塩、ディルシード、砂糖。ボイルしたザリガニがディル入りの塩水に漬けられており、解凍するだけで食べられる。

パッケージから取り出すと、ディルのさわやかな強い香りが広がる。真っ赤に茹であがったザリガニの登場だ。内容量は1kgで17~22尾入り。今回のものは数えてみたら22尾入っていた。

実はザリガニを食べるのはこれが初めて。川でのザリガニ釣りや飼育のイメージしかない。未知のものを口にするのはどきどきする。

お皿に盛ってみると、ちょっとパーティー感が出てきた。本場でも大皿に積み上げられたザリガニを囲むそうだ。

ザリガニは珍味として人気があり、19世紀初頭のスウェーデンでは大量に捕獲・輸出され絶滅の危機に。このためザリガニ漁は8月と9月の2カ月間のみに限定されたそうだ。そのザリガニ漁が解禁となる頃にザリガニパーティーが開かれるようになったのだとか。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「イケアの冷凍ザリガニを食べてみた! 自宅でスウェーデンの夏の風物詩を体験」の みんなの反応 3
  • 違いがわかる~ 通報

    「池」でチクワで釣ったザリガニは別物ですから。絶対にマネをしないでください。(四流テレビ局字幕テロップ)

    3
  • 匿名さん 通報

    いや日本のドブ川で見たり獲ったりしてる人なら食べられないだろ、塩気が強くしてあるってのは泥臭いのと寄生虫除けだからだよ

    1
  • 匿名さん 通報

    さすがに香草入れないと食べれないよな、昔は用水路で獲ったけど腹の部分にウヨウヨ動く線虫がいたな

    0
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月8日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。