電気代平均よりも、うちの電気代は高い? 電気代節約のコツを紹介

電気代平均よりも、うちの電気代は高い? 電気代節約のコツを紹介
電気代は、毎月必ず支払わなくてはならないもの。気がつけば結構な金額になっていて、「こんなにかかったの!?」と驚いたことはないでしょうか。
電気代はシーズンによっても変動するので、ただ数字を見ているだけでは、使い過ぎなのかそれともうまく節約できているのかわかりません。
ここでは、家族構成や地域差、オール電化の有無による電気代の平均値と、すぐに実践できる電気代節約法を紹介します。
寒い地方のほうが電気代は高くなる?

電気代は、月平均いくらぐらいかかるものなのでしょうか。
総務省統計局が毎年発表している「家計調査年報(家計収支編)」によると、一人暮らし世帯における、2019年の電気代の全国平均は月額5,700円。一人暮らしの高齢者などを除く「単身の勤労者世帯」に限れば、月額4,739円です。

一方、家族の構成人数が増えると、当然かかる電気代も多くなります。
同じ調査によると、2人以上いる世帯の電気代全国平均は1万825円。4人家族で、働いている人が1人の家族では1万609円でした。

同じ調査から地域による違いを見てみると、「2人以上の世帯電気代平均値」が大都市では平均1万132円、小都市・町村では1万2,079円と、地方のほうが少し高めになっていることがわかります。地方のほうが、広めの住居が多いことが関係しているのかもしれません。

暑い地方と寒い地方の比較として、同じ調査の「2人以上の世帯電気代平均値」を見ると、

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「総務省」に関する記事

「総務省」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「総務省」の記事

次に読みたい「総務省」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月5日の社会記事

キーワード一覧

  1. 総務省 ふるさと納税
  2. 総務省 家計調査
  3. 総務省 電波利用

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。