スマホアプリから天体撮影できるスマート望遠鏡「eVscope」

スマホアプリから天体撮影できるスマート望遠鏡「eVscope」
       
プラススタイルは、手持ちのスマートフォンと連携して天体撮影が行えるスマート望遠鏡「eVscope」を9月16日に発売した。価格は税込379,800円だが、発売を記念して9月30日まで23,200円オフの356,600円で販売する。出品はビーラボが行い、発送は11月上旬以降を予定している。

光学最大50倍、デジタルズームでは最大400倍となるUnistellar製の天体望遠鏡。反射式の仕組みを応用しており、従来の望遠鏡では難しかった4.5インチ口径での高い集光性能を実現。ソニーの超高感度センサー「IMX224」を内蔵し、望遠鏡で捉えた天体などを撮影できる(デジタルズームは最大150倍までを推奨)。

iOS/Androidアプリ「Unistellar」と連携して、ライブ/ダイレクトビューによる天体の映像をリアルタイムで確認したり、RAW撮影などの操作が行える。スマホとの接続は、IEEE 802.11b/g/n準拠の無線LAN機能(2.4GHz帯)を介して行う。

独自のエンハンストビジョンテクノロジーにより、光害の影響が大きい都市部でも鮮明に星々を観察できるという。センサーで捉えた光を短時間で光を蓄積させる技術と、望遠鏡内蔵の算出モジュール上で行われる独自開発の画像処理アルゴリズムにより、高いクオリティの観測を実現。センサー設定と画像処理のパラメーターは自動で調整するため、ユーザーが操作する必要はないという。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月16日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。