知っておきたい! 年収700万円の人の手取り額と税負担

知っておきたい! 年収700万円の人の手取り額と税負担
       
「年収700万円」と聞いて、どのようなイメージを持つでしょうか。年収700万円は、平均的な給与額と比べるとかなりの高年収ですが、絶対に手が届かない金額というほどでもないでしょう。中には、「あと少し昇給したら年収700万円になる」という人もいるかもしれません。

年収700万円の方のリアルな暮らしとは、どのようなものでしょうか。年収700万円の人の手取り額や税金、助成金に関する注意点をご紹介します。

年収700万円の人の手取り額はどのくらい?

「年収700万円」とはつまり、年間の給料支給額が700万円ということです。会社員の場合は、ここから所得税、住民税、健康保険料、厚生年金保険料、雇用保険料、介護保険料(40歳以上の人の場合)が控除されて、手取り額はおよそ、520万円~530万円前後になります。

なお、この額は独身で扶養家族がおらず、所得控除等の申告を一切していない人の場合のものです。扶養している家族がいる、生命保険に加入している、住宅ローンを組んでいるといった条件に合致する場合は、所得税と住民税が減ることになるため、手取り額はもう少し多くなります。

また、人によっては、財形貯蓄や会社で加入している団体保険等の金額が控除されることもありますが、これらは自分の意思で加入するものですから、手取り額に含まれます。手取り額とは、「自分が自由にできる金額」のことだと考えていいでしょう。

手取り額が520万円~530万円の場合、月額の手取りは、約43万円~44万円となります。また、ボーナスが3カ月分、年2回支給される場合は、月額の手取りが29万円前後、ボーナス時に87万円前後が支給されることになります。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「アンチエイジング」のニュース

次に読みたい関連記事「アンチエイジング」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュースをもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月21日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。