MXシリーズの小型マウス「MX Anywhere 3」発表、MagSpeed電磁気ホイール搭載

MXシリーズの小型マウス「MX Anywhere 3」発表、MagSpeed電磁気ホイール搭載
       
Logitechは9月21日、マウスやキーボードのハイエンドラインMXシリーズの小型ワイヤレスマウス「MX Anywhere 3」と、同モデルをApple製品向けに最適化した「MX Anywhere 3 for Mac」を発表した。ホイールをMagSpeed電磁気スクロール対応にアップデートし、ボタン構成を変更、デザインを改良した。価格はどちらも79.99ドル。カラーは通常版がグラファイト、ペールグレイ、ローズの3色、Mac版はペールグレイの1色。

ホイールは、昨年9月に登場したハイエンドマウス「MX Master 3」と同じホイール機構を備える。ラチェット (ラインバイライン)とフリースピン (超高速)の2つのモードに加えて、遅い回転ではクリック感のあるスクロール、速くスピンさせると高速スクロールに自動的に切り替わるSmartShift機能に対応する。電磁気を用いたMagSpeed電磁気スクロールは、高精度なスクロールから一瞬で1,000行を移動できるような超高速スクロールまでダイナミックに抵抗を調整し、あらゆる作業シーンにおいて快適なスクロールを可能にする。

MX Anywhere 2Sにはホイールを左右に傾けるボタンがあり、標準で水平スクロールが割り当てられていた。MX Master 3と同じMX Anywhere 3のホイールにはチルトボタンがなく、ホイールは中央ボタンとしてのみ機能する。またMX Master 3が備えるサイドホイールも持たないが、MX Anywhere 3はサイドボタンの1つを押しながら同時にホイールをスクロールすることで水平スクロールが可能。カスタマイズ機能を使って、中央ボタンや表面のボタン (標準設定はスクロールモード変更)をジェスチャーボタンにすることでジェスチャーコマンドも使用できる。6つのボタンという制限はあるが、コンパクトなサイズでMX Master 3と同じような豊富な機能を利用できるマウスになっている。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月22日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。