ハーレー、初の電動スポーツバイク「LiveWire」を2021年春に日本導入

記事まとめ

  • ハーレーダビッドソン初の電動スポーツバイク「LiveWire」が2021年春に日本上陸。
  • 現時点では、日本仕様の詳細と国内販売価格は未定。
  • アジアでは初の導入国が日本となる。

ハーレー、初の電動スポーツバイク「LiveWire」を日本導入

ハーレー、初の電動スポーツバイク「LiveWire」を日本導入
       
ハーレーダビッドソン ジャパンは2021年春、ハーレーダビッドソン初の電動スポーツバイク「LiveWire(ライブワイヤー)」を、日本市場へ導入する。現時点では、日本仕様の詳細ならびに国内販売価格は未定となっている。

北米・欧州での発売に続き、2021年春の日本導入が決まった同モデルは電気のみをエネルギー源とするまったく新しいモーターサイクル。新次元のテクノロジーと同社製品ならではの上質な仕上げ、ハイパフォーマンスな走りを提供する刺激的なモデルとなっているという。

「僅か3秒で時速0 kmから100 kmまで加速する驚異の加速性能」「1度の充電で最大235kmを走行可能な高出力バッテリを搭載」「2つの充電方法をサポート。DC急速充電スタンドでは40分で80%充電、家庭用コンセントでも一晩でフル充電」などの特徴を有している(海外仕様を基にした情報。日本仕様とは一部異なる場合がある)。

デビューは米欧で先行し昨年より進められており、この戦略に基づくアジア最初の導入国が日本となる。常に最大トルクを即座に発生でき、どの速度からでも優れた追い越し加速性能を発揮する新しい乗り味は、スポーツ走行を楽しみたいライダーや、通勤通学も含めた“次世代の日常の足"として街乗りにも最適な、日本のユーザー向けと呼べるライディング・エクスペリエンスを提供する。

なお日本デビューに先駆け、大丸梅田店13階特設会場(大阪府大阪市北区梅田)にて日本唯一の実車先行展示を期間限定で実施している。

同社では電動モーターサイクルの普及へ向け、国内の正規ディーラー網をはじめ急速充電スポットの整備・拡充にも努めることで、これからもモーターサイクルライフを安心してユーザーに楽しんでもらえるよう、準備を進めていく、としている。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「自転車」のニュース

次に読みたい関連記事「自転車」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月24日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。