自己PRで「強み」をアピールするコツは? 面接や履歴書での伝え方

志望企業によって内容を言い換える


転職活動でも就職活動でも、複数の企業の選考を同時に進める人がほとんどです。しかし、どの企業にも同じ履歴書や職務経歴書を提出していると、企業の社風に合わないこともあります。

自己PRの表現の仕方や内容は、応募する企業に合わせて、調整しながら作成して提出しましょう。

自分の強みを自己PRに取り入れるポイント

せっかく自己分析して自分の強みを自覚しても、それを面接官にうまく伝えられなければ、意味がありません。自分の強みを自己PRで効果的に伝えるために、気をつけるべきポイントを紹介します。

結論から伝える


自己PRでは、結論から伝えることが大切です。前置きが長いと何について述べたいのか、うまく伝わらないことがあります。まずは一番伝えたい結論を伝えて、詳細を述べていきましょう。

経験やエピソードを交える


ただ自分の長所を述べるだけでは、言葉に説得力を持たせることはできません。自分の長所を結論として伝えた後は、自分の経験談やエピソードを用いて、結論に根拠を持たせていきましょう。

転職者の場合は、仕事の失敗から学んだことや、成功体験などを交えて話すと、より効果的です。

業務にどのように役立つのかをアピールする


自分の長所や経験談を述べるだけでは、ただの自己紹介です。応募した企業でどのように役立つのかに絡めて話していくことがポイントです。

応募した会社の業務と絡めながら話すことがポイントとなるので、応募要項や会社案内をしっかり読み込んでおくとアピールしやすいです。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月4日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。