自己PRで「強み」をアピールするコツは? 面接や履歴書での伝え方

       
ベンチャー企業は大手に比べると不安定な部分は多いです。トラブルも楽しめる気持ちや成長したい気持ちなどが求められているので、熱意を前面に出していきましょう。

営業職


(例)
 不動産営業としてお客様に信頼してもらえるよう、士業スキル以外にも日々勉強につとめました。宅地建物取引士やファイナンシャルプランナーなどの資格を取得するなど、根拠を持って話せるよう日々努力しています。実務経験は

年と浅いですが、支店での営業成績はトップクラスでしたので、御社での業務につなげられると考えております。


営業職の場合、営業に必要な知識があることや経験の長さ、どんな実績を上げたのかなどを強みとしてPRするといいでしょう。

対人・接客業


(例)
 販売員として

年働いてきた経験があり、対応力には自信がございます。仕事を続けていく中で商品知識をアップデートしていくのはもちろん、どこでも通用する知識をつけるために販売士の資格も取得しました。御社では販売する商品は違うものの、これまでの経験や知識は必ず役立つと考えております。


問題なく接客できるかどうかをわかりやすく伝えることが大切です。もし社内外での受賞歴があるなら、それらをアピールするのもいいでしょう。

営業事務など事務職


(例)
 前職では営業事務として、臨機応変にさまざまな書類作成やサポート業務に従事してきた経験がございます。営業担当者が商品提案で使うPowerPointでの資料作成や、Excelでピボットテーブルを使った集計業務など、さまざまな業務へ対応してきました。正確かつ早めに完成させるよう心がけており、助かったとのお言葉をいただくことも多くございました。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月4日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。