オール電化は電気代が高くなる? オール電化住宅の基礎知識

オール電化は電気代が高くなる? オール電化住宅の基礎知識
       
現在、家の新築や改装を計画中で、「オール電化にしようかな」と考えている方もいるのではないでしょうか。オール電化住宅への切り替えにあたって、気になるのは毎月の電気代です。

ここでは、オール電化住宅の電気代の目安とオール電化のメリット・デメリットのほか、電気代を節約する方法について紹介します。

オール電化住宅とは?

オール電化住宅とは、家庭で使うすべてのエネルギーを電気でまかなう住宅のことです。ガスや石油燃料を使わないので、火事の危険性が低いことに加え、ガス代の基本料金がなくなるため、お得になるといわれています。

オール電化住宅の場合、給湯や調理は、すべて電気で行います。具体的に使用するのは、空気の熱でお湯を沸かすエコキュートや、ガスコンロの代わりとなるIHクッキングヒーターなどです。

なお、オール電化住宅は、富士経済グループの「2018年版住宅エネルギー・サービス・関連機器エリア別普及予測調査」によると、年間30万戸前後のペースで増えています(※1)。
オール電化住宅の光熱費はどのぐらい?

実際のところ、オール電化住宅の光熱費はどれくらいかかるのでしょうか。

関西電力によると、オール電化住宅の1カ月の光熱費は、一人暮らしで1万751円、二人暮らしだと1万2,904円、4人以上の家族の場合は1万4,914円となっています(※2)。

一方、総務省統計局が毎年発表している「家計調査年報(家計収支編)」(2019年)によると、2人以上の世帯における電気代の平均は1万825円、ガス代の平均は4,852円でした(※3)。これらを合わせると1万5,677円になります。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月30日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。