アウディが電気自動車「e-tron」発売、高いと思うなら続報を待とう!

アウディが電気自動車「e-tron」発売、高いと思うなら続報を待とう!
アウディ初の100%電気自動車(EV)「e-tron」が日本で発売となった。「Audi e-tron Sportsback 55 quattro 1st edition」というクルマで、価格は1,327万円(デジタル化したサイドミラーが付くバージョンは1,346万円)。これを「ちょっと高い」と感じた人は、別のEVを探すのも結構だと思うのだが、個人的には続報を待つべきだと考える。その理由をこれからお伝えしたい。

最も高価なモデルから入ってきた「e-tron」


なぜ、待つべきなのか。結論から先にいうと、e-tronには別バージョンがあって、そのうち日本にも入ってくる予定だからだ。まず、クルマのスタイルとしては「スポーツバック」(アウディではSUVクーペをこう呼ぶ)と「SUV」があり、バッテリーには容量の「大きいほう」(車名に55という数字が付く)と「小さいほう」(こちらは50)の2種類がある。価格としてはSUVよりもスポーツバックの方が高いし、バッテリーも当然、大きいほうが高価だ。

「Audi e-tron Sportsback 55 quattro 1st edition」という車名を見れば分かる通り、日本で発売となったe-tronは「スポーツバック」の「55」だ。さらにいえば、このクルマはアウディの(いわゆる)上級グレードにあたる「Sライン」なので、いろいろと装備が充実している。その車両をベースとし、「ファーストエディション」として高級なオーディオシステム(Bang & Olufsen 3Dサウンドシステム)や電動のバックドア、アルミホイール、ブレーキキャリパーなどの特別装備を装着したのが今回の商品なのである。e-tronの試乗会で聞いたアウディジャパンのプロダクト担当による解説は以下の通りだ。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月3日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。