侍や恐竜のホログラムが受付! 見えないところまで“変”を追求した17番目の「変なホテル 奈良」

侍や恐竜のホログラムが受付! 見えないところまで“変”を追求した17番目の「変なホテル 奈良」
       
恐竜やヒューマノイドロボットが働く世界初のホテルとして、ギネスにも認定されている「変なホテル」。といっても「変な」というのは「変わり続ける」という意味で、新しい店舗がオープンする度にいろいろなこだわりのある「変」が追求されています。

これまではロボットコンシェルジュの「ロボホン」やロボットクリーニング「LGスタイラー」、VRデバイスの貸し出しといった最新ガジェットの導入が話題になっていましたが、17番目となる「変なホテル 奈良」は良い意味でこれまでとは違う「変な」サービスが導入されています。

いったいどんな取り組みをしているのか、10月1日のオープン前に開催された内覧会で早速チェックしてきました。

古都の雰囲気であふれるシックなロビー

ホテルに入るとロビー全体がシックな雰囲気にまとまっていて、「変なホテル」という印象はほとんどありません。壁はフィリップスのスマートライト「Hue」を使って奈良の豊かな自然を表現するようデザインされていて、古都を訪れたという雰囲気が味わえるようになっています。

「変なホテル」は基本的に全てのホテルのフロントを無人にしています。業界の人手不足を補うためですが、単なる省力化だけが目的でないことは、わざわざロボットにフロント業務を任せていることからわかります。

そんな代名詞ともなっているロボットの接客ですが奈良ではあえて導入せず、代わりに光のホログラムで映し出されたキャラクターで、変わり続けることをアピールしています。世界初の試みでもあり、今のところ体験できるのは、東京浅草田原町と奈良の店舗だけとなっています。
マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月3日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。