4,800人に聞いた、セクハラによる転職経験がある人はどれくらい?

4,800人に聞いた、セクハラによる転職経験がある人はどれくらい?
       
キャリア転職センター(東晶貿易運営)は10月5日、「男女4800人にセクハラによる転職経験の有無を調査」の結果を発表した。調査期間は2020年9月27~30日、有効回答は20歳以上の個人4,802人。

8割弱が「転職して良かった」と回答


セクハラが原因で転職活動を行ったことがある人は、4,802人中748人。男女比をみると、女性54%、男性46%となった。また、セクハラで転職経験がある人の未婚・既婚率を調べたところ、未婚47%、既婚53%と、両者の間に大きな差はみられなかった。同調査では、「男性であっても女性であっても、未婚や既婚の有無に関わらず被害に遭っている可能性がある」と分析している。

受けたセクハラの内容については、「言葉によるハラスメント」「身体に触れる」「性差別に関する言動」「プライバシーに関わる内容を執拗に聞く」「親密な関係を迫る」の5タイプに分類されることが判明。さらに職場内に限らず、在宅勤務中に押しかける・盗撮など、職場以外でのハラスメントも多数確認された。

転職へ至るまでの対処を尋ねると、「何も対処を行わなかった」が半数以上の409票(54%)を占めた。以下、「上司・同僚に相談した」が205票、「本人へセクハラをやめてほしいと伝えた」が99票と続いた。

転職時の企業選考の際、前職の退職理由をどのように答えたか聞くと、「セクハラが原因であることをありのまま説明した」「他の理由で転職ということにした」「特に回答せずかわした・聞かれなかった」の3パターンに分かれた。

結果的には、転職をして良かったと「思う」と答えた人は76%。一方、「思わない」は24%となった。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「セクハラ」に関する記事

「セクハラ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「セクハラ」の記事

次に読みたい「セクハラ」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月5日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。