Zoff、網膜にレーザーで投影するメガネ型機器開発に向けQDレーザと業務提携

Zoff、網膜にレーザーで投影するメガネ型機器開発に向けQDレーザと業務提携
       
メガネブランド「Zoff」を運営するインターメスティックのR&D部門「Zoff Eye Performance Studio(ZEPS)」は10月13日、半導体レーザー等を手掛けるQDレーザとの業務提携を発表した。この提携により、半導体レーザ技術を援用したメガネ処方プロセス刷新、「レーザ網膜投影」によるメガネ型弱視支援器具、スマートグラスなどの共同開発や商用化に取り組んでいくという。

株式会社QDレーザは2006年に富士通研究所からスピンオフしたベンチャー企業で、半導体レーザや応用製品の企画、設計開発、製造、販売を主要事業として展開。Zoff Eye Performance Studioは「メガネや店舗にIT・AI技術を援用することで人間の可能性を拡張し、顧客体験を洗練すること」をビジョンに掲げるZoffの研究・開発機関。今回両社が描く未来像が一致したことで業務提携が実現したとのこと。

Zoffは2021年に20周年を迎えるにあたって新ブランド戦略「Eye Performance」を打ち出し、Zoff Eye Performance Studioでの研究開発や社会実装を通して、新しい価値の提示や、目と生活のパフォーマンス向上を目指していくとしている。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月13日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。