月給16万の人の手取り額と税負担は? 生活費のイメージも紹介

       

3. 副業を始める


政府の方針では、副業を推進するようになっており、特に昨今は副業する人が増えています。月に1~2万程度でも稼ぐことができれば、生活がかなり楽になることでしょう。ただし、会社によっては副業が禁止されている場合もあるため、就業規則をよく確認してから行うようにしましょう。

4. 転職する


会社内での昇給や副業が見込めないようであれば、長期間低い給与で働くよりも、転職するほうがいい場合もあります。転職エージェントを活用するなどの方法で、より高い月給の仕事を探してみましょう。

まとめ


月給16万円から天引きされる最も高額なものは厚生年金保険料です。それ以外にも健康保険料や所得税・住民税・労働保険料などが天引きされた結果、手元に残る金額が13万円程度になります。

また、月給16万円の場合、生活費として家賃に使えるのは5.5万円程度となり、関東圏であれば東京23区や市部でも駅近物件だと一人暮らしは難しく、シェアハウスや郊外物件を選ぶことがおすすめです。

月給16万円で一人暮らしをする場合には、少々日常生活で我慢すべき場面が出てきます。時間と心の余裕があれば、資格取得や昇給などを目指しながら給与アップを目指していきましょう。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「厚生年金」に関する記事

「厚生年金」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「厚生年金」の記事

次に読みたい「厚生年金」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月17日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。