ビックカメラ.comが一律送料無料を廃止 2,000円以上で送料無料

記事まとめ

  • 「ビックカメラ.com」が配送料金を改定。
  • 2,000円未満の購入は550円の配送料金がかかる。
  • 多くの商品は2,000円以上のため、影響は少ないと思われる。

ビックカメラ.com、一律送料無料を廃止 2,000円以上の購入で送料無料に

ビックカメラ.com、一律送料無料を廃止 2,000円以上の購入で送料無料に
       
家電量販店のビックカメラが、オンラインショップ「ビックカメラ.com」での配送料金を改定。10月21日の午前10時からの注文分から一律送料無料を廃止し、税込み2,000円未満の購入は税込み550円~の配送料金がかかるようになりました。税込み2,000円以上の購入では、これまで通り基本的に送料無料を継続します。

トップページに掲出された「<お知らせ>配送料金の改定について」にて、配送料金の改定を告知しています。改定のポイントは以下の通りです。

税込み2,000円未満の購入では税込み550円~の配送料金が必要に(一部の離島や山間部は別途配送料金がかかる場合がある)
ビック酒販取り扱いの一部商品(お酒など)は配送料金が異なる場合がある
一部のメーカー直送品は別途配送料がかかる場合がある
セール品など、配送料金無料の対象外となる商品がある

家電など多くの商品は2,000円以上の購入金額となることから、ほとんどのケースでは送料無料で利用でき、大きな影響はないとみられます。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ビックカメラ + 名古屋」のおすすめ記事

「ビックカメラ + 名古屋」のおすすめ記事をもっと見る

「ビックカメラ + 株価」のおすすめ記事

「ビックカメラ + 株価」のおすすめ記事をもっと見る

「ビックカメラ + 札幌」のおすすめ記事

「ビックカメラ + 札幌」のおすすめ記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月21日のIT記事

キーワード一覧

  1. ビックカメラ 名古屋
  2. ビックカメラ 札幌
  3. ビックカメラ 株価

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。