就職氷河期世代に聞く、就活の苦労 - 「30社落ちた」「凄まじい虚無感」

就職氷河期世代に聞く、就活の苦労 - 「30社落ちた」「凄まじい虚無感」
       
コロナ禍で内定取り消しが増加し、就職氷河期の再来が懸念されている。バブル崩壊後の1993年~2005年頃にも就職難が社会的な問題となったが、この世代、いわゆる「就職氷河期世代」はその時どんな困難を経験したのだろうか。今回はマイナビニュース会員のうち就職氷河期世代の120名に、当時の苦労話を教えてもらった。

Q. 就活時、またそれ以降の苦労話を教えてください

なかなか内定がもらえない


・「なかなか内定をもらえず大変でした。それなのにせっかく入った会社を2カ月で辞めてしまい、今考えるとなんて馬鹿なことをしたんだと思います」(43歳男性/茨城県/鉱業・金属製品・鉄鋼/技能工・運輸・設備関連)
・「とにかく面接で落ちまくった。数十社受けてようやく内定を2社からもらった」(40歳男性/埼玉県/その他/事務・企画・経営関連)
・「数十社から不採用をもらいました。気力がなくなるし、交通費がかさんでつらかったです」(46歳女性/埼玉県/ソフトウェア・情報処理/IT関連技術職)
・「30社落ちました」(52歳女性/東京都/その他/事務・企画・経営関連)

求人が少なすぎる


・「地元の求人がほとんどなく困り果てました」(42歳男性/青森県/官公庁/公共サービス関連)
・「求人数が少なく、思うような職もなかった」(52歳男性/島根県/その他電気・電子関連/技能工・運輸・設備関連)
・「就職先があまりに少なく、就職するのが大変だった」(49歳男性/東京都/流通・チェーンストア/IT関連技術職)

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「働き方改革」に関する記事

「働き方改革」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「働き方改革」の記事

次に読みたい「働き方改革」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月27日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。