Illustrator iPad版に続く「次」の展開は? 「Adobe MAX 2020」のキーマン、スコット・ベルスキー氏に聞く

Illustrator iPad版に続く「次」の展開は? 「Adobe MAX 2020」のキーマン、スコット・ベルスキー氏に聞く
       
アドビがクリエイター向けに開催している年次イベント「Adobe MAX 2020」(2020年10月20日~22日開催)。今年は初のオンライン開催となりましたが、同社の看板製品のひとつである「Adobe Illustrator」のiPad版がリリースされたほか、iPadで人気のお絵かきアプリ「Adobe Fresco」がiPhone向けにも登場。また「Adobe Photoshop」のデスクトップ版には、複雑な画像加工をAIを用いて簡単に行える「ニューラルフィルター」も追加されるなど、数多くの新機能が発表されました。

グローバル、そして国内向けのキーノートにも登壇したCPO(最高製品責任者)のスコット・ベルスキー氏に、発表された新製品やパンデミックがクリエイターに与えた影響、各種アプリのモバイル移行の今後、ディープフェイクへの取り組みについて聞きました。

──2019年にPhotoshop iPad版がリリースされ、直近の2020年にはIllustrator iPad版がリリースされました。2019年のリリースに対するユーザーからの反応を教えてください。

PhotoshopをiPadに対応させたときに、お客様からの反応は2つに分かれました。Photoshopのデスクトップ版は難しいので、iPadでインターフェースがシンプルに刷新されてうれしいと喜んでくれた方がいた一方で、やはり長い間デスクトップ版を使っているお客様からは、iPad版にはこれが足りない、あれが足りないという声もありました。そういった声にしっかり耳を傾けて、要望として大きいものに優先度をつけて取り組んできた結果、今はApp Storeでも高い評価をいただいています。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月28日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。