気になる一人暮らしの生活費の見直し方法を紹介!

気になる一人暮らしの生活費の見直し方法を紹介!
       
一人暮らしの生活費の支出で見逃せないのが、電気代やガス代、水道代などの光熱費です。光熱費を節約するには、生活の中で工夫が必要となります。一人暮らしの光熱費の平均額と、電気代、ガス代、水道代それぞれの節約方法を紹介します。

一人暮らしの光熱費は1カ月でどれくらい?

総務省統計局「家計調査(家計収支編)」(2019年)によると、単身世帯の光熱費の平均額は、1カ月あたり約1万1,652円です。世帯主が34歳までの世帯では約7,264円、35~59歳の世帯では約1万1,743円、60歳以上の世帯は1万3,126円となっています。光熱費は季節や地域によって違いが出るものではありますが、この平均値を目安としてみましょう。

同調査によると、単身者の光熱費の内訳は下記のようになっています。

電気代の平均額は月5,000~6,000円


同調査によると、単身世帯の電気代の平均は1年間で6万8,399円となっています。
電気代は、1年のうちで暖房を使う冬が最も電気代がかかります。また、全国で見ると、暖房を多く使用する北海道・東北地方の電気代は、ほかの地域に比べて高くなる傾向があります。

エリアによってこのような違いはありますが、平均すれば1カ月の電気代は5,000~6,000円程度といえるでしょう。

ガス代の平均額は月3,000円


同調査によると、単身世帯のガス代の平均は年間3万6,139円となっています。1カ月あたりのガス代は、月3,000円程度が目安といえます。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「総務省」に関する記事

「総務省」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「総務省」の記事

次に読みたい「総務省」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月29日の社会記事

キーワード一覧

  1. 総務省 ふるさと納税
  2. 総務省 家計調査
  3. 総務省 電波利用

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。