コロナ禍をうまく乗り切っている国ランキング発表 - コロナ被害と経済被害で数値化

コロナ禍をうまく乗り切っている国ランキング発表 - コロナ被害と経済被害で数値化
       
ニッセイ基礎研究所は10月28日、レポート「コロナ禍をうまく乗り切っているのはどの国か?-50カ国ランキング」(2020年10月更新版)を発表した。2020年10月14日時点までのデータを基に、各国・地域の「コロナ被害」と「経済被害」を数値化しランキング化した。

コロナ対策、1位「台湾」、最下位「英国」


総合順位では、7月に続いて「台湾」が1位を獲得。台湾は感染者数が少ないことに加え、経済状況では半導体事業が好調なことから、「GDP損失は7月時点よりかなり小さくなる」(ニッセイ基礎研究所)と予想している。

以下、2位「韓国」(前回5位)、3位「ニュージーランド」(同8位)、4位「日本」(同9位)、5位「パキスタン」(同12位)、6位「ベトナム」(同対象外)、7位「中国」(同5位)、8位「ノルウェー」(同10位)、9位「タイ」(同4位)、10位「シンガポール」(同11位)と続いた。この他、「ロシア」は17位(同31位)、「米国」は21位(同41位)となった。

日本は、緊急事態宣言後に感染第2波に襲われたものの、他国と比べて感染者数が少なく、死亡者も低水準であることから、前回より順位を上げた。

一方、50カ国中、評価が最も低かったのは「英国」(同43位)。次いで49位「ペルー」(同49位)、48位「フランス」(同45位)、47位「スペイン」(同45位)、46位「ベルギー」(同43位)、45位「コロンビア」(同37位)、44位「アルゼンチン」(同19位)、43位「オランダ」(同34位)、42位「イタリア」(同40位)、41位「メキシコ」(同45位)となった。

南米や欧州においては、「コロナ被害」と「経済被害」の両方が悪く、順位を下げている国が目立った。今後については、「不確実性は依然として高く、各国ともに油断ができない状況が続きそうだ」と分析している。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「コロナ禍をうまく乗り切っている国ランキング発表 - コロナ被害と経済被害で数値化」の みんなの反応 1
  • Taiwan #1 通報

    さすが台湾!

    1
この記事にコメントする

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月29日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。