ケンタッキーフライドチキンのメニューで最もハイカロリーな食べ物は?

ケンタッキーフライドチキンのメニューで最もハイカロリーな食べ物は?
       
コロナ禍における私たちの生活は、以前とは大きく変化している。徐々に自由度は向上しているようにも思えるものの、まだまだ我慢や制約を強いられる場面は多い。

そんな中、存在感を増しているのが気軽に外食やテイクアウトを楽しめるファストフードだろう。ただし、カジュアルに食事を楽しめる一方で、栄養バランスやカロリーの問題も気になってくるのが正直なところ。

そこで本記事では「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」に注目して、同店の「サンド」「サイドメニュー」「スイーツ」の各メニュー(※期間限定品を除く)のカロリーを調べてみた。

サンドメニューのカロリーランキング

まずは、KFCで味わえる「サンド」メニューのカロリーを見てみよう。

本稿の執筆時に確認できた同店の「サンド」に分類されているレギュラーメニューを、カロリー順に並べたものが上記のランキングだ。

1位「和風チキンカツサンド」(478kcal)は、国内産の鶏肉を使用したボリュームのあるチキンカツを使用。醤油風味のテリヤキソース、特製マヨソース、千切りキャベツを添えて、全粒粉バンズで挟んだサンドとなる。

2位「チキンフィレサンド」(415kcalは、全粒粉バンズに11種類のスパイスでジューシーに仕上げた国内産チキンフィレを合わせた。レタス、オリーブオイル入りマヨソースを挟んで、さらに風味豊かに仕上げている。

3位と4位には、KFC独特のメニューである「ツイスター」がランクイン。2001年発売のツイスターは、チキンと野菜をトルティーヤで包んだ人気メニューとなっている。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月31日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。