【特集】トヨタが作る未来のクルマ? 新型「ミライ」とは 第2回 走る空気清浄機? トヨタが新型「ミライ」に搭載した新機能とは

ミライに乗る人は、自分がどれだけ空気を綺麗にしたかを「エアピュリフィケーションゲージ」というメーターで確認できる。12.3インチのセンターディスプレイに表示されるメーターで、グラフィックはこんな感じだ。

0から5まである目盛りは、走行1分間あたりで清浄化できる空気の量を表す。針はアクセルの開度で変動し、強く踏めば数値は上がる。例えば、目盛りが1を差した状態であれば、1分間の走行で1,000Lの空気を綺麗にできる、という指標である。

クルマの後ろを追走するランナーは、これまでに綺麗にした空気が累積でどのくらいになったかを示す。ランナー1人は、1日に人間1人が吸う空気の量を表している。走れば走るほどランナーは増えていき、10人溜まると繰り上がるという仕組みだ。

新型ミライの試乗会で話を聞いたトヨタの説明員によると、燃料電池は空気を用いて発電するため、その効率を落とさないためにもきれいな空気を取り入れる必要があったそうなのだが、環境に貢献したいとの思いもあり、空気清浄機能を取り付けたのだという。普通のクルマだと、排気ガスが気になってアクセルを思い通りに踏み込めないというドライバーもいるそうだが、「ミライについては、たくさん踏むと燃費こそ落ちますが、そのぶん空気が綺麗になるので、遠慮なく踏んでいただければ」とのことだ。

電気自動車(EV)は走行中にCO2などを排出しない「ゼロエミッション」(エミッション=排出)が特徴だが、新型ミライはゼロを通り越し、「マイナスエミッション」を実現するクルマだ。まずは日、米、欧で発売するとのことだが、大気汚染のニュースを目にすることが多い中国でも、将来的には新型ミライを発売する予定だという。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月2日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。