大学生の学費と生活費、年間どれくらいかかる?

大学生の学費と生活費、年間どれくらいかかる?
       
日本学生支援機構はこのほど、「2018年度学生生活調査報告」を発表した。調査時期は2018年11月(隔年調査)、対象は全国の大学学部・短期大学・大学院の学生(社会人学生を含む。休学者・外国人留学生は除く)で、有効回答は4万3,394人。

「大学(昼間部)」の学費、120万8,800円


学生生活費について学費と生活費に分けて前回調査(2016年度)と比較したところ、「大学(昼間部)」は、学費が1.3ポイント増の120万8,800円、生活費が2.0ポイント増の70万4,700円。「短期大学(昼間部)」は、学費がほぼ横ばいの62万6,500円、生活費が8.0ポイント増の62万5,900円となった。

「大学院」については、修士課程は、学費が0.5ポイント増の77万6,700円、生活費が2.1ポイント増の101万2,100円。博士課程は、学費が1.8ポイント減の66万9,600円、生活費が3.9ポイント増の163万300円。専門職学位課程は、学費が3.2ポイント減の105万2,000円、生活費が0.8ポイント減の123万5,200円となった。

設置者別の学生生活費をみると、「大学(昼間部)」は、私立が国立より約51万円、「短期大学(昼間部)」は、同じく約55万円高いことが判明。「大学院」については、私立が国立より修士課程は約34万円、博士課程は約30万円、専門職学位課程は約84万円高く、「いずれも学費の差によるところが大きい」(同調査)という。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月2日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。