【特集】トヨタが作る未来のクルマ? 新型「ミライ」とは 第3回 トヨタの新型「ミライ」が“近未来的デザイン”をやめた理由

【特集】トヨタが作る未来のクルマ? 新型「ミライ」とは 第3回 トヨタの新型「ミライ」が“近未来的デザイン”をやめた理由
       
トヨタ自動車の新型「ミライ」(MIRAI)は現行型に比べ、より“クルマっぽい”デザインを採用している。水素で走る未来の乗り物「燃料電池自動車」(FCV)であることを強調する路線ではなく、あえて古典的なカッコいいセダンを志向したのはなぜなのだろうか。

初代は「打ち上げ花火」、新型は……


トヨタのFCV「ミライ」が2代目に進化する。2014年12月に発売となった初代は、いかにも未来のクルマでございといった感じのデザインで、見かけるとすぐにミライだと気づくほど目立っていた。今度のミライは、トヨタのセダンであることは分かるものの、近未来感の打ち出しは極めて少ないというか、ほとんどない感じだ。初代と新型を写真で見比べると、その方向性の違いがよく分かる。

先日、一足お先に新型ミライに試乗する機会があり、会場ではデザイン担当のトヨタ社員に話を聞くことができた。なぜ新型は近未来的デザインをやめたのか。同氏の説明は以下の通りだ。

「現行型(初代)はトヨタにとって初めてのFCVということで、世の中にFCVを知ってもらうべく、打ち上げ花火的にユニークなスタイリングとしましたが、新型では、できるだけ間口を広げ、より多くのお客様に、FCVだからというのではなく、純粋にクルマとしての魅力を感じてもらい、選んでもらいたかったんです。FCVの機能を外形で表すことはとりあえず措いて、走りの気持ちよさだとか、クルマの純粋な“ワクドキ感”を形で表現したいと考えました。それが開発の根本です」

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月4日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。