【特集】トヨタが作る未来のクルマ? 新型「ミライ」とは 第4回 なぜトヨタは「ミライ」を小型車にしなかったのか

【特集】トヨタが作る未来のクルマ? 新型「ミライ」とは 第4回 なぜトヨタは「ミライ」を小型車にしなかったのか
       
トヨタ自動車が燃料電池自動車(FCV)「ミライ」の2世代目を発売する。新型ミライの使命は「FCVの普及」だが、それならばなぜ、トヨタはクルマを普及させやすい形態、つまり、FF(前輪駆動)で安価なコンパクトカーとして作らずに、高級セダンに仕上げたのだろうか。

最善の選択肢だったFRプラットフォーム


2014年に初代がリリースされた「ミライ」は、水素燃料で走るクルマだ。わかりやすくいうと、水素で電気を作って走る電気自動車(EV)である。まさに「未来」の乗り物といえるだろう。

他とは違うそんな構造なので、あれから6年経ってもメジャーな存在にはなっていない。そりゃそうだ。燃料を入れられるのは水素ステーション。ガソリンスタンドのような手軽さはないし、急速充電スポットの数の足元にも及ばない。よって、どんなに補助金が出ようと簡単には手を出せないのが正直なところだ。

そんなミライの2世代目となるモデルが登場した。2019年の東京モーターショーでアンベールされ話題となったシロモノだ。正式なデビューは12月を予定する。

では、今回フルモデルチェンジした新型車はどんなキャラクターなのか。

と、その前に、水素燃料で走るミライがこれまで、どれだけ売れてきたかを知らなければならない。というのも、売れ筋モデルには研究開発費をふんだんに投入できるが、そうでなければお金はかけられないからだ。で、そこに注目すると、ミライはこれまでの6年間で1万1,000台程度しか売れていない。しかも、これは全世界の数字で、日本ではその40%ほどに過ぎないそうだ。となると、技術的には「今あるものを使うのが前提」となる。水素用タンクなどは専用開発だが、それ以外は汎用品を効率よく使わなければならない。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月6日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。