発明家も入居? トヨタが実証都市「ウーブンシティ」着工へ!

発明家も入居? トヨタが実証都市「ウーブンシティ」着工へ!
拡大する(全1枚)
トヨタ自動車が富士山の裾野で計画している街づくりプロジェクト「ウーブンシティ」の詳細が明らかになった。自動運転、MaaS、ロボット、AIなど、最新の技術を盛り込んだ実証都市は、いったいどんな姿になるのか。入居希望を提出している筆者としては、気になって仕方がない。

ウーブンシティ構想とは


トヨタの豊田章男社長が11月6日の2021年3月期第2四半期決算説明会に登壇し、ウーブンシティの詳細について説明した。

トヨタは2020年1月の「CES 2020」(アメリカ・ラスベガスで開催)でウーブンシティの計画を明らかにした。2020年中に閉鎖予定の東富士工場(静岡県裾野市、トヨタ自動車東日本の施設)跡地を利用し、自動運転、MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)、パーソナルモビリティ、ロボット、スマートホーム技術、AI(人工知能)などの技術を導入・検証できる場として、実証都市を新たに整備するという社長直轄のプロジェクトだ。

「ウーブン」とは英語で「織られた」(weave=織るの過去分詞)という意味。網の目のように道が織り込まれた街の姿から命名したというのがトヨタの公式な説明だが、同社の起源が豊田自動織機であるということにも関係しているのだろう。

豊田社長はCES 2020において、将来的に175エーカー(約70.8万m2)の範囲で街づくりを進め、初期にはトヨタ従業員やプロジェクト関係者をはじめとする2,000名程度を実際に住まわせて実証実験を進めると説明していた。その際、以下のような構想も明かされていた。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「富士山」に関する記事

「富士山」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「富士山」の記事

次に読みたい「富士山」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク