安東弘樹のクルマ向上委員会! 第42回 マツダらしさとは? 安東弘樹、「MX-30」に乗る!

安東弘樹のクルマ向上委員会! 第42回 マツダらしさとは? 安東弘樹、「MX-30」に乗る!
       
マツダが発売したコンパクトSUV「MX-30」。電気自動車(EV)としての発売を予想していたところ、まずはマイルドハイブリッド車(MHV)から世に出てきたことで少し驚いたが、乗り心地と使い勝手は実際のところどうなのか。安東弘樹さんがユーザー目線で試乗した。

※文と写真はマイナビニュースの藤田が担当しました

まずは簡単にクルマの紹介をしておくと、MX-30はマツダが独自のマイルドハイブリッドシステム「M ハイブリッド」を搭載して発売した新型コンパクトSUVだ。特徴的なのは、観音開きの「フリースタイルドア」を採用しているところ。クルマのサイズ感は同社のコンパクトSUV「CX-30」とほぼ同等だ。マツダは今後、EVバージョンのMX-30も発売する計画としている。

MX-30のMHVには2輪駆動と4輪駆動の2種類がある。価格は前者が242万円、後者が265.65万円。ここに好みのオプションを付けていくことでクルマの価格が決まる。

安東さんは駆動方式の異なる2台のMX-30に続けて試乗した。まずは4輪駆動車だ。

これは安い!


安東弘樹さん(以下、安):マツダ車ではおなじみの横に長いナビが付いていますね。もうちょっと面積が欲しいかなといつも思うんですけど、どうですかね?

マイナビニュース編集部(以下、編):最近の新型車だと「12.3インチ」の画面がどうこう、という話もよく聞きますので、そういうのと比べれば小さいですよね。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月18日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。