Go To イート、幹事のポイント総取りはアリ? ナシ? - 1,000人に納得の行く還元アイデア聞いてみた

Go To イート、幹事のポイント総取りはアリ? ナシ? - 1,000人に納得の行く還元アイデア聞いてみた
10月から始まった「Go To イートキャンペーン」。このキャンペーンは、各都道府県の発行する「プレミアム付き食事券」と「オンライン飲食利用によるポイント付与」の2つの方法がある。後者を利用して、これからお得に忘年会などを楽しむ方も多いだろう。しかしこのキャンペーン、オンライン予約のポイントは、予約したアカウントに後日付与される。

そこで出る悩みが「割り勘をどうするか」問題。予約の手間賃として幹事が総取りするのはアリなのかナシなのか、もし公平に割り勘をするならベストな手段はどうなのか、マイナビニュース会員1,000人に本音を聞いた。

Go To イート、みんなは使っている?


開始して約1ヵ月半が経つ「Go To イートキャンペーン」だが、すでに使っている方はどのくらいいるのだろうか。まず、このキャンペーンを使って飲み会や食事会をしたことがあるかを聞いてみた。

「ある」(23.6%)、「今後使う予定」(30.6%)を合わせると、約半数近くの人がこのキャンペーンを活用するようだ。新型コロナウイルスの感染拡大には十分気を遣う必要はあるものの、飲食店の支援をしながらお得に食事が楽しめるこの施策、これから年末に向けて活用する人はさらに増えそうだ。

そしてやはり気になるのが、ポイント付与について。「Go To イート」を利用している方に聞くと、約8割近くの方が、一緒に食事に行く相手や周囲の人とポイントに関する話題で話している。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月11日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。