20代から高めておきたい投資・資産運用の目利き力 第13回 投資に向かない人ってどんな人?

20代から高めておきたい投資・資産運用の目利き力 第13回 投資に向かない人ってどんな人?
「人生100年時代」と言われる現代。20代でも早いうちから資産形成を進めることが求められています。一方で、どのように投資・資産運用の目利き力を磨いていけばいいのか、悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

この連載では、20代の頃から仮想通貨や海外不動産などに投資をし、現在はインドネシアのバリ島でデベロッパー事業を、日本では経営戦略・戦術に関するアドバイザーも行っている中島宏明氏が、投資・資産運用にまつわる知識や実体験、ノウハウ、業界で面白い取り組みをしている人をご紹介します。

今回のテーマは「投資に向かない人ってどんな人?」

他責に逃げる人


投資・資産運用は、「自分以外の誰か」に依存して資産を増やす行為です。結果的に資産が減ることもあるわけですが、経験という無形資産が貯まりますから、経験を活かせばアイディア次第でお金は取り戻すことができます。

「自分以外の誰か」とは、例えば、不動産投資であれば管理会社や物件そのもの、株式投資であれば企業やその経営者、社員の方々などを指します。仮想通貨であればメーカーや共にコインを保有するホルダーたち、事業投資であれば経営者や事業責任者や社員の方々など、他者に動いてもらい、資産を作ることになります。

そういう意味では、資産を人に託すことが投資・資産運用なのですが、投資の意志決定をするのは自分自身です。

ですから、投資・資産運用が失敗したときに他責に逃げる人は投資には向かないでしょう。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月27日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。