やれるか、日産! 新型「ノート」大研究 第1回 日産の超重要案件! 新型「ノート」はどう変わったのか

やれるか、日産! 新型「ノート」大研究 第1回 日産の超重要案件! 新型「ノート」はどう変わったのか
       
日産自動車がコンパクトカー「ノート」をフルモデルチェンジして発売する。パワートレインは日産独自の電動化技術「e-POWER」(シリーズハイブリッドシステム)のみで、発売日は2輪駆動が2020年12月23日、4輪駆動が2021年2月の予定。価格は2輪駆動で202.95万円からだ。日産にとっては売れなければ大変なクルマだが、新型ノートはどう変わっているのか。

中身も外見もがらりと刷新


ノートは日産が2005年に発売したハッチバックのコンパクトカー。これまでに累計で146万台を売り上げた人気車種だ。現行型(2世代目)の登場は2012年で、今回は約9年ぶりのフルモデルチェンジとなる。2代目ノートは2016年に「e-POWER」を初採用し、販売台数を大いに伸ばしたモデル。2018年には、日産のクルマとして50年ぶりに日本における登録車販売台数ナンバーワンを獲得した。

今回の新型ノートで日産は、新規開発のプラットフォームを採用し、パワートレインのe-POWERを2世代目へと刷新した。内外装も大きく変わった新型ノートだが、中身も別物だ。日産 第1製品開発部 チーフビークルエンジニアの渡邊明規雄さんの説明は以下の通り。

「新型ノートの開発において、新しい『次世代上級小型車向けプラットフォーム』を採用したことは1つのハイライトです。ボディを高強度化・高剛性化し、サスペンション、ステアリングの剛性も上げることで静粛性を向上させ、走りを進化させました。e-POWERはモーター、インバーター、ジェネレーター、バッテリー、制御の全てで設計を見直し、よりEV(電気自動車)に近い力強く上質な走りを実現しています」

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月24日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。