山之内すず、“負のループ”の転機「ネガティブで自己肯定感が低かった」

山之内すず、“負のループ”の転機「ネガティブで自己肯定感が低かった」
       
●仕事との向き合い方が変わったきっかけ
「人生観や価値観が、めちゃくちゃ変わった現場だったんですよ。それまで本当に暗い性格で」

本格的な演技初挑戦となる映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』(シネマート新宿・心斎橋ほかにて上映中)について、山之内すずはラジオ番組で興奮気味に語った。2019年にAbemaTVの恋愛リアリティーショー『白雪とオオカミくんには騙されない』出演を機に芸能界入りし、今では数々のバラエティ番組にもひっぱりだこな「ティーンのカリスマ」。羨望の眼差しが注がれるパブリックイメージの中で、等身大の姿がそこにはあった。

今回の取材でその真意を探ったところ、「自分で自分を認めてあげられないのがコンプレックスでした」と明るく話してくれた山之内。当時18歳の彼女にとって決して大げさではなく、同作は劇的な変化をもたらしたターニングポイントだった。

目標は「自分を好きになる、自分に自信を持つ」


――本格的な演技初挑戦となる『人狼ゲーム デスゲームの運営人』。出演は、オーディションで決まったそうですね。

手応えなかったんですけど、すごく良い緊張感の中だったので楽しくて。「次はがんばろう」と諦めの気持ちになっていると、マネージャーさんから「『人狼ゲーム』決まったよ」と言われて。それがすっごくサラッとだったので、悪質なドッキリなのかなとも(笑)。衣装合わせでみんなで本読みをした時にやっと、「この作品に関われるんだ」と思えて。演技を長くやっていらっしゃる方もいて、泊まり込みの現場もなかなかないので、不安でもあり、楽しみでもあり……いろいろな感情でした。

あわせて読みたい

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月21日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。