ウイルス対策に加湿が良い理由。床掃除も大切 - ダイソンの空気環境対策セミナーから

ウイルス対策に加湿が良い理由。床掃除も大切 - ダイソンの空気環境対策セミナーから
       
コロナ禍の現在とても注目されているのが、換気などによって宅内の「空気の質」を上げること。とはいえ、実際どうすればいいのか、いまひとつピンとこない人も多いのではないでしょうか? 今回、羽根のない空気清浄機や掃除機で人気のダイソンが、帝京大学大学院 医学研究科 医真菌学・宇宙環境医学の牧村浩一教授を招き、「冬の室内空気環境対策セミナー」を開催しました。

空気中に漂う「生物粒子」には、空気清浄機以外の対策が難しい


私たちが暮らしている部屋には、さまざまなホコリ(微粒子)が漂っており、これらは大きくカビやダニ、ウイルスといった「生物粒子」と、黄砂や排気ガスなどの「非生物粒子」に分けられます。程度は違えど、どちらも健康に有害なのですが、ここでは生物粒子に注目。ダニや花粉などはアレルギー疾患の原因になることは知られていますし、いま問題になっている新型コロナのウイルスも生物粒子のひとつです。


こうなると気になるのが「生物粒子の対策は何が一番いいか?」ということ。牧村教授はズバリ、「いまのところHEPAフィルターを搭載した空気清浄機以外の選択肢がほぼない」といいます。例えば、手に付着したウイルスはアルコールなどで消毒できますが、空中に浮遊しているウイルスには同じ対策ができません。ウイルスを消毒できる濃度のアルコールを空気中に噴霧すれば、人への悪影響も無視できないからです。

厚生労働省が2020年6月17日に発表した資料では、「30分ごとに1回、数分間窓を全開にする」という理想的な換気ができない場合は、換気不足を補うために空気清浄機が有効だとしています。しかも、空気清浄機の場合は「HEPAフィルタによるろ過式」、「風量が毎分5立方メートル程度以上」と、細かな指定があります。HEPAフィルターを簡単にいうと、通常状態で0.3μmの粒子を99.97%以上捕集できる性能を持つフィルターのことです。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月22日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。