日本を明るくするカップ麺のアレンジレシピ 第12回 冬の風物詩「北海道濃厚ミルクシーフー道ヌードル」の悪魔メシレシピ3選

日本を明るくするカップ麺のアレンジレシピ 第12回 冬の風物詩「北海道濃厚ミルクシーフー道ヌードル」の悪魔メシレシピ3選
       
いまや冬の風物詩として市民権を得た元祖ネトメシ「カップヌードル ミルクシーフードヌードル」が初めて発売されたのは、2020年11月現在から遡ること13年以上前となる2007年11月12日。インターネット上で話題になっていた“シーフードヌードルを牛乳(ホットミルク)で作ったら美味しい”という「噂」が元ネタで、毎年恒例の変わり種です。

しかし、実は1997年よりも前から一部で“クラムチャウダーっぽくなる”と話題になっていた知る人ぞ知る裏技で、そこに着目した公式(日清食品)が本格的な開発プロジェクトを立案。消費者のクチコミを公式が反映して商品化すること自体、当時のカップ麺業界では異例の試みとして、2007年11月発売の第1弾から話題になっていました。

以降、公式が本気で再現した元祖ネトメシ「ミルクシーフードヌードル」は、2018年11月5日発売品から“北海道”をテーマに「北海道ミルクシーフー道(ドウ)ヌードル」という名称に改め、北海道産の生乳から作られた脱脂粉乳と北海道産のポテトを使うだけでなく、パッケージは北海道の形を背景に“SEAFOO道”のロゴを配置。

2019年10月28日発売品も引き続き北海道をテーマにしつつ、前年の北海道産ポテトは使用されなかったのですが、ミルクの甘みとコクをアップさせ、従来よりもクリーミーで濃厚な「北海道濃厚ミルクシーフー道ヌードル」にリニューアル。

本稿で使用する2020年11月2日発売の「北海道濃厚ミルクシーフー道ヌードル」は、2019年10月発売品と同じ栄養成分表示かつJANコードも変わっていなかったので、前年からテコ入れなしの再販となりましたが、まったくもって問題ありません。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月27日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。