やれるか、日産! 新型「ノート」大研究 第3回 日産車の新たな基準に? 新型ノートの「高品質感」とは

やれるか、日産! 新型「ノート」大研究 第3回 日産車の新たな基準に? 新型ノートの「高品質感」とは
       
日産自動車が新型「ノート」でこだわったのが「高品質感」だ。電子音の音色やドアの閉まり音、スイッチの操作感などのさまざまな部分で、ユーザーに上質さや高級感を味わってもらおうと工夫を施したという。その意図や手法について事前取材会で担当者に話を聞いてきた。

ドアの音でも感じる品質の差


新型ノートの事前取材では、チーフエンジニアやデザイナーがクルマへのこだわりを説明していったのだが、その中の1つのパートが「高品質感活動概要」というものだった。

この領域を担当した第二製品開発部 主担の角田浩康さんによると、日産では「造り込まれた高品質感」を、ユーザーがクルマに近づいて乗りこみ、運転し、クルマを降りるまでの中で体感する“上質・高級感を感じる造りの良さ”および“お客様の期待を超える考えられた演出”と定義し、設計基準と技術ソリューションを構築したとのこと。「上質・高級感を感じる造りの良さ」では「一体感がある形状で、すっきりとした見栄え」や「触感の良さ、統一感のある操作部・操作音」など、「お客様の期待を超える考えられた演出」では「シーンに応じた演出(照明・音)」や「動きに変化を持たせた演出(開閉部)」にこだわったそうだ。

高品質感活動のアプローチは4段階に分かれる。まずはテーマを選定し、価値を具体化・定義した後、具体的な目標値を定量的に設定し、設計の要素や部品の構造に落とし込むというプロセスだ。新型ノートで同活動の対象となった部分は「ドア閉じ音」「グローブボックス閉じ感」「スイッチ操作感」など多岐にわたる。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「やれるか、日産! 新型「ノート」大研究 第3回 日産車の新たな基準に? 新型ノートの「高品質感」とは」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    一番大切なことをやってくれた。もともと日産車のスイッチは安物感はなかったと思うんだが、、、他社の安い車はウインカーレバーが妙に短かったり安物感満載だもんね。

    0
  • 匿名さん 通報

    人生ではじめてポルシェ911に乗ったとき、ドアが「軽いのに」 ガチ と閉まって残響音がなかった。日本人としてドイツ人に負けたと言う感覚を味わったよ。(遠い目)

    0
  • 匿名さん 通報

    こういう視点があるという事は、ルノーとの提携は無駄じゃなかったって事かな。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月26日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。