新型コロナ流行後、妊活を取りやめたり中断・延期したりした女性はどれくらい?

新型コロナ流行後、妊活を取りやめたり中断・延期したりした女性はどれくらい?
コズレはこのほど、「新型コロナウイルス感染症に関する調査」の結果を発表した。同調査は10月23日~11月6日、末子妊娠中および生後8カ月までの子どもをもつ女性3,697名を対象に、インターネットで実施した。

コロナ以前、子どもの妊娠を希望していたか尋ねたところ、78.36%が「強く望んでいた」「望んでいた」と回答した。

コロナ以後、妊娠や妊活に対する行動の変化があったかどうか聞くと、41.66%が「(とても)変化があった」と回答した。

「(とても)変化があった」と回答した調査時点で妊娠中の女性に、妊活(妊娠・不妊治療など)にどのような行動の変化があったかを尋ねると、8割近くが妊娠を望んでいたにも関わらず、妊婦のうち2割前後は、外出自粛要請期間(2020年4月~5月)以降、妊活を取りやめたり、一時的に中断・延期をしていたことがわかった。

続いて、調査時点で妊娠中の女性・コロナ禍で出産した女性に対して、妊活や妊娠・出産に対する不安をどの程度感じていたか聞いた。コロナ禍で出産した女性は、88.20%が「とても不安」「不安」と回答している。

一方、調査時点で妊娠中の女性では、74.18%と14.02pt低い。その理由については、コロナ禍での出産の実状が少しずつ明らかになり、体験談などを耳にしたことや、それらを踏まえ出産に臨めることが、出産を迎える妊婦たちの心の支えになったからであると考えられるという。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月14日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。