感染症にかかりにくいヒトの“手指”にはバリア機能がある、花王が発見

感染症にかかりにくいヒトの“手指”にはバリア機能がある、花王が発見
花王パーソナルヘルスケア研究所、花王生物化学研究所、花王解析化学研究所の3者は12月14日、ヒトの手指には、感染症の原因となる菌やウイルスを減少させるバリア機能が生来的に備わっており、風邪やインフルエンザなどの感染症のかかりやすさに関連している事、ならびにバリア機能に個人差がある事や、バリア機能には手汗から分泌される乳酸が寄与していることを明らかにしたと発表した。

今回の研究では、予備的な試験として、感染症にかかりにくいという意識を有しているヒトと、かかりやすいという意識を有しているヒト、それぞれ数名を選別、手指に大腸菌を塗布して、直後と3分後の手指の菌の状態を調査。その結果、かかりにくい意識のあるヒトの手指では3分後に菌が大幅に減少していることが判明したという。

さらに、6名のヒトの手指表面の成分を採取し、抗菌・抗ウイルス活性(菌やウイルスを減少させる効果)を評価したところ、手指表面の成分には、大腸菌だけでなく、黄色ブドウ球菌やインフルエンザウイルス(H3N2)を減少させる効果があることも確認。また、この効果には個人差があり、いずれの菌・ウイルスに対しても高い効果を持つヒトや、その逆のヒトがいることも解明したとしている。

加えて、10名のヒトを対象にした数日間の調査で、手指表面の成分の抗菌性の日内・日間変動を検証。抗菌性が高い5名と低い5名に分けたところ、その関係が維持されていることもわかったという。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月14日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。