スズキの新型「ソリオ」に「Gメーター」が付いている理由

スズキの新型「ソリオ」に「Gメーター」が付いている理由
スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ」をフルモデルチェンジして発売した。背が高く、後ろが電動スライドドアになっている実用性の高いクルマだが、試乗してみて気になったのは「Gメーター」の存在だ。走行中に乗員が感じる重力(G)を可視化する機能だが、ハイトワゴンのソリオになぜ、同機能が付いているのだろうか。

値段は高めの軽くらい?


ソリオは2000年12月に発売となったスズキのコンパクトハイトワゴンで、今回の新型が4世代目となる。もともとは「ワゴンRソリオ」として登場したクルマだが、その後は両側スライドドアやマイルドハイブリッド(MHV)など装備を充実させつつ進化を続けてきた。2019年度時点でソリオの保有台数は38.6万台弱に達しているという。

最近は軽自動車のスーパーハイトワゴンが人気で、ホンダの「N-BOX」は日本で最も売れているクルマだし、スズキの「スペーシア」も高く評価されている。ただ、軽では物足りないという人にとって、1.2Lの直列4気筒エンジンを積む新型「ソリオ」はチェックしてみるべき存在なのではないだろうか。小型で背の高い登録車という意味では、ダイハツ工業の「トール」やトヨタ自動車の「ルーミー」(トールのOEM車)などと同じカテゴリーのクルマである。

試乗してみると、新型ソリオは視界がよくて運転しやすいクルマだった。乗り込むと室内は広く感じるのに、ボディサイズはコンパクトなので扱いやすい。高速道路で加速する際などにはエンジン音が少し気になるが、フルモデルチェンジで静粛性や操縦安定性などは向上しているという。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月17日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。