新型コロナの感染判定を自動化・簡便化できる技術の開発を進める東大生研

新型コロナの感染判定を自動化・簡便化できる技術の開発を進める東大生研
拡大する(全1枚)
東京大学生産技術研究所(東大生研)の南豪 准教授は、フランス国立科学研究センター(CNRS)のアンソニー・ジェノ リサーチャーと共同で、迅速で精度よく新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を検出できるセンサーデバイス系システムの共同研究を2020年7月より開始した。現在、そのデバイス実用化を進める研究開発態勢を固め、画像処理によって陽性判定が簡単にできる仕組みの精度を高める研究開発を進めている。

フランスCNRS所属のアンソニー・ジェノ リサーチャーは、COVID-19向けの新たなRNA検出法として、バイオ系の研究開発で用いられているビーズクラスターを用いた検出法の実用化を進めている。標的となる新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のRNAに結合するDNAを微細なビーズ表面に固定化し、この新型コロナウイルスのRNAと結合したDNAの相互作用を可視化し、その可視化した色合いなどの変化を画像処理によって検出する仕組みを実用化しようというのである。

実はCNRSと東大は1995年とかなり早い時期からLIMMS/CNRS-IIS (UMI2820) 国際連携研究センターという国際共同研究センターを東大内に設置している。現在は、このLIMMS/CNRS-IISは東大駒場リサーチキャンパス内に設置されている(つまり、生産技術研究所内にある)。

アンソニー・ジェノ リサーチャーは2011年に来日し、2014年からはLIMMS/CNRS-IISに所属してさまざまな研究開発を続けてきた。DNAナノテクノロジー分野などの専門家である同氏は、COVID-19が世界中で急速に広がっている中で、ビーズクラスター利用したRNA検出法を利用する新しいCOVID-19検出法を考案し、迅速に検出する方法を実用化する研究開発を進めている。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク