不足するN95マスクのフィルター能力を回復させる手法を東大生研が開発

不足するN95マスクのフィルター能力を回復させる手法を東大生研が開発
拡大する(全1枚)
東京大学 生産技術研究所(東大生研)は12月17日、静電気でくしゃみなどの飛沫をとらえることでウイルスをフィルターする機能を有し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の医療現場などで活用されている「N95マスク」のフィルター機能を安価かつ安全に回復させる手法を開発したと発表した。

同成果は、東大生産技術研究所の杉原加織講師らの研究チームによるもの。詳細は、英王立化学会発行の「Soft Matter」に掲載された。

N95マスクは、メルトブローと呼ばれる手法で作成されており、静電気を帯びたポリプロピレンのマイクロファイバーが主原料となっている。このマイクロファイバーのメッシュの穴は数μmほどで、通気性が確保されているが、くしゃみをしたときの飛沫などは多くの場合に帯電しているため、たとえメッシュの穴よりも小さくても、静電気によって吸着させることで侵入を防ぐことが可能という特徴がある。

フィルター機能が高いために新型コロナの第一波が襲ったときは、世界中の医療機関で活用された一方、特に輸入に頼っていた日本では過度な供給不足が発生し、問題となった。このような問題に対し、世界中の研究機関がN95マスクの再利用方法について研究を行っているが、静電気を保ちつつウイルスを不活性化させる最適な方法はまだ見つかっていなかった。

N95マスクの再利用に向けては、アルコールの噴霧、洗浄、煮沸、オートクレーブ(高温高圧下での除菌)など、一般的なウイルス不活性化手法を単純に用いただけでは叶わない。静電気は水や湿気に弱いため、一般的なウイルス不活性化手法では静電気を減少させ、N95マスクならではのフィルター効果を低下させてしまうからである。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク