口福な参道グルメ 第1回 東京・湯島の湯島天満宮と「つる瀬」の"むすび梅"

口福な参道グルメ 第1回 東京・湯島の湯島天満宮と「つる瀬」の"むすび梅"
拡大する(全1枚)
全国の神社やお寺の参道には、何百年と愛されてきた老舗の和菓子屋さんや社寺ゆかりの名物を商うお店があります。旅はその土地の名物を食べるのも楽しみのひとつですが、せっかくの社寺詣。社寺ゆかりの名物に舌鼓をうってみませんか。

令和3年の干支は丑。第1回は丑が神様のお使いである東京・湯島にある湯島天満宮と、かつて境内にあった古木に因んだ名物“むすび梅”をご紹介します。

学問の神様・菅原道真公を祀る湯島天満宮


天之手力雄命を祀る神社として雄略天皇2(458)年に創建したと伝えられる湯島天満宮。その後、天平10(1355)年に菅原道真公を合祀し、学問の神様にあやかって江戸時代になると林道春や新井白石など大勢の学者から崇敬されました。

文人や庶民にも広く親しまれ、その賑わいは安藤広重の「江戸百景」にも描かれたほど。梅の名所としても知られており、行楽客も数多く訪れたといいます。いまでも20種類以上、樹齢70~80年を含む約300本もの梅の木が境内に植えられていて、2月初旬から3月初旬には梅まつりを開催。芳しい梅の花を愛でに40万人近い参拝者がやってきます。

令和3年は丑年だけに、撫で牛にも注目


湯島天満宮の境内には「撫で牛」と呼ばれる大きな牛の像も見ることができます。お祀りされている菅原道真公が丑年丑月丑日生まれだった、道真公のご遺体を運ぶ牛車が動かなくなってしまったために近くに埋葬したなど、牛と道真公の逸話は数多く残されています。その由縁から天満宮の神使は丑とされ、全国にある天満宮の境内には撫で牛の像をみることができます。昔から頭を撫でると賢くなり、身体の不調を感じる場所を撫でると良くなるという信仰があります。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「令和」に関する記事

「令和」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「令和」の記事

次に読みたい「令和」の記事をもっと見る

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク