LINE PayがApple Payに対応、「かざして支払い」可能に

LINE PayがApple Payに対応、「かざして支払い」可能に
LINE Payは12月22日、コミュニケーションアプリ「LINE」で使えるモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」がApple Payに対応したと発表した。LINEアプリからApple Payの設定が行え、QRコード決済と共通の「LINE Pay」残高からApple Payを使い、iD対応端末にかざして支払えるようになる。

設定は「LINE」アプリ内にある「LINE Pay」のメインメニューから、Apple Payボタンをタップすることで行える。Apple Payの設定時、Visa加盟店で使えるバーチャルプリペイドカード「Visa LINE Payプリペイドカード」が発行され、Walletに登録。これにより、LINE Payの残高を利用して、iD加盟店でApple Payを使い決済できるようになる。支払い時に「LINE」アプリを起動する必要はない。

Visa LINE Payプリペイドカードの年会費・発行手数料は無料で、有効期限は5年。国際カードブランドはVisa。未成年者は、親権者など法定代理人の同意を得たうえでの申し込みとなる。なお、12月22日をもってJCBのプリペイドカード「LINE Pay カード」の新規発行、及びQUICPay+への新規登録は順次終了となる。

Apple Payの設定には、Apple Pay対応デバイス、Apple Payに対応しているカード発行元のApple Pay対応カード、最新バージョンのiOS、watchOS、macOS、Apple ID(iCloudにサインイン)が必要。対応デバイスは、Phone 7 以降および、Apple Watch Series 2以降。対応しているLINEのバージョンは、iOS 10.21.0以降。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「LINE Pay」に関する記事

「LINE Pay」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「LINE Pay」の記事

次に読みたい「LINE Pay」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月22日のIT記事

キーワード一覧

  1. LINE Pay セブンイレブン

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。