トヨタが自動運転EV「e-Palette」の開発加速、2020年代前半に実用化へ

トヨタが自動運転EV「e-Palette」の開発加速、2020年代前半に実用化へ
トヨタ自動車は自動運転の電気自動車(EV)「e-Palette」(イーパレット)の開発を加速させる。まずは2021年の東京オリンピック・パラリンピックで選手村の移動手段として活用し、2020年代前半には複数のエリア・地域で商用化を目指す方針。富士山の裾野に建設する実証都市「ウーブンシティ」(Woven City)でもe-Paletteを実際に走らせ、開発を進める計画だ。

2021オリンピックでサービス開始?


e-Paletteはトヨタが開発している新しいモビリティだ。2018年1月の「CES」で初公開し、2019年の東京モーターショーでは「東京2020オリンピック・パラリンピック仕様」を発表していた。オリンピック仕様のスペックによると、ボディサイズは全長5,255mm、全幅2,065mm、全高2,760mm、ホイールベース(前後タイヤ間の距離)4,000mm。乗員はオペレーター1人を含む20人で、車いすの場合は4人+立ち乗り7人まで乗れるという。EVとして気になる航続距離は150キロ程度。最高速度は時速19キロだ。

トヨタはこのほど、e-Paletteに関するオンライン発表会を開催。同社コネクティッドカンパニーでプレジデントを務める山本圭司さんがe-Paletteの現状と今後について説明した。

e-Paletteの運行に向け、トヨタでは「AMMS」(Autonomous Mobility Management System)と「e-TAP」(e-Palette Task Assignment Platform)という2つのシステムを開発した。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「富士山」に関する記事

「富士山」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「富士山」の記事

次に読みたい「富士山」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月22日の社会記事

キーワード一覧

  1. 富士山 観光
  2. 富士山 静岡空港

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。