キリンビール、2021年の事業方針について説明 - 困窮する飲食店の現状には「胸が痛い」

キリンビール、2021年の事業方針について説明 - 困窮する飲食店の現状には「胸が痛い」
拡大する(全1枚)
キリンビールは6日、都内で2021年の事業方針について説明した。登壇したキリンビール 代表取締役の布施孝之社長は、昨年の業績を振り返るとともに、コロナ禍の2021年において注力していく事業と商品について説明している。

コロナによる業績の影響と、2021年の戦略は?


登壇した布施氏は「2020年はコロナで始まり、コロナで幕を閉じました。環境変化に対応するべく、舵取りに迫られた難しい1年になりました」と総括する。そして『あのコロナの年が変換点になったよね』と振り返ることができるような社内改革も進めている、と明かした。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、年初計画には未達となった。しかし「飲食店に寄り添った提案」「ビールの魅力化」「うまさと価格の両立」といった観点で取り組んだ結果、「市場実績を上回る効果を実現できた」(布施氏)と評価する。

キリンビールの2021年の戦略には「強固なブランド体系の構築」と「課題解決による新たな成長エンジンの育成」を掲げている。

「強固なブランド体系の構築」は、2020年10月、2023年10月、2026年10月の3段階で実施される酒税の改正を見越したもの。「昨年(2020年)10月の酒税改正では、ビールカテゴリーは減税、新ジャンルは増税になりました。これを機会にビールを再成長させていきます」と布施氏。販売価格が変動すると、弱いブランドは淘汰されるというのが布施氏の考え。そこでキリンビールでは「愛されて生き残るブランドに投資して、しっかり育成していく」方針だという。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月8日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。