手が届く輸入EV、登場! プジョー「e-208」に試乗してきた

手が届く輸入EV、登場! プジョー「e-208」に試乗してきた
小さくて、静かで、おしゃれで、速い。そんな電気自動車(EV)がフランスからやってきた。プジョーの「e-208」というクルマだ。日産自動車のEV「リーフ」より下手をすると安いくらいのお値段で、こんなEVが買えるとは……。早速、実車に乗ってきた。

ガソリンエンジンとEV、何が違う?


「208」はプジョーの売れ筋コンパクトカー。8年ぶりのフルモデルチェンジにより、パワートレインは1.2LのガソリンエンジンとEVの2種類となった。

EVのe-208には、「アリュール」(Allure)と「GT Line」の2種類のグレードがある。価格は前者が389.9万円、後者が423万円。写真はGT Lineにオプションとして「パールペイント」(7.15万円)、「パノラミックガラスルーフ」(10.2万円)、「ナビゲーションシステム」(24.53万円)、「ETC 2.0」(4.455万円)を装着したクルマで、総額は469.335万円だ。

全長4,095mm、全幅1,745mm、全高1,465mm(アリュールは1,445mm)のボディサイズは、日本の道路で乗るのにぴったり。横浜の都市部や交通量の多い目黒通りを走ってみたが、小さくてスイスイ動くクルマなので、時には路上駐車のクルマを避けながらの運転も問題なくこなせた。シフトレバーを引いて「D」に入れたあと、もう一度引くと「B」モードが選べる。こちらにすると回生ブレーキが強まるので、ブレーキペダルを踏む頻度はかなり少なくなる。フル充電での航続可能距離は340キロ(WLTPモード)というのがカタログの表記だ。

当時の記事を読む

マイナビニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月12日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。